« 実力がない人間が淘汰される世の中 | メイン | 結婚という制度はこれからも続くのか? »

自然の摂理を教えることは大切!

野田聖子議員といえは50歳で出産したということで
今年のはじめニュースになっていたと思います。


で、子供は先天的に障害があり、いま11ヶ月ですが
手術を7回、脳梗塞で半身麻痺、外の空気を吸ったことが
ないということですから集中治療保育カプセルみないな
ものにいれられているんでしょう。


この話についてはネットでは非難されることが多いです。
自分のエゴだけで子供を作り、結果として障害をおわせて
苦しめているというところがです。


・卵子を提供してもらっていること
・胎児の段階で肝臓と心臓に疾患あり
・妊娠7ヶ月で早産


というように本来なら生まれてくることができない子供を
現代医療によって作り、生きながらえさせているという点
がああだこうだといわれる原因になっているわけですね。


不妊治療と延命技術によって本来なら生まれてこない命や
死んでいる命をなんとかできるのが今の時代です。


大事なのはウーマンリブで女性の社会進出とか雇用平等だとか
いうのもいいんですが、子供を生むなら期限があるということ
です。医学が進歩して高齢出産が可能になったというのはそもそも
自然の摂理に反しているとキモに命じてください。

About

2011年12月16日 15:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「実力がない人間が淘汰される世の中」です。

次の投稿は「結婚という制度はこれからも続くのか?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。