« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月 アーカイブ

2012年02月03日

好感度アップ大作戦:その3 服装(ファッション)でキメる

さぁ、いよいよ核心に迫ってきました、好感度アップ大作戦。3回目の
テーマは多くの人が悩むであろう「服装ファッション」です。


興味のない人にとっては本当に苦しむことが多いのがどんな服を着るか
どんな服が好印象をもたれるか?ということですね。


テレビでたまに私服がダサい芸人選手権みたいなものをやってますが
あれをみて、何が悪いのか?女の人たちは何を言っているのかわからない
となるとファッションは苦労するでしょうね。


まず、基本中の基本として言えることは、清潔感がある服装を心がける
ということです。「シワシワ、ヨレヨレ、シミだらけ」こんな服はコント
でもないかぎり着ちゃダメってことです。


それから、ダラダラした服装も、印象が悪いので避けたほうがいいでしょう。


ファッションの難しいところは、TPOがあることですね。ドレスコードとも
いいますが、夜の大人のデート、レジャー施設に遊びにいくとき、部屋に
彼女を呼ぶとき。全部で服装を変えないとダメです。


それから女性のファッションとの組み合わせの問題があります。相手の服装
にあわせる、一緒にいて違和感がない感じにしないといけません。


だから男女のカップルをみたらそういう点もチェックすると面白いです。
奇抜な彼には奇抜な彼女、地味な彼女には地味な彼が横にいますから。


一緒にいて恥ずかしいとか自分だけ浮いてしまうという格好をしてきて
はいけないということです。誰に対して好感度をアップさせたいかに
よって最適な服装というのは違います。


だからファッションは難しいんです。


ファッションには傾向がありますから、傾向がわかれば対策もできます。
意中の彼女がいれば、どんなおしゃれ雑誌を読むかをさりげなく聞いて
好みを理解しておかないといけません。


相手が特定されてない場合は、とりあえず、これはいいなと思う雑誌を
一冊買ってみることです。また、駅前などでヒューマンウォッチング
するのもいい勉強になります。


「もう、全然わからない!」


という場合は、人に頼んでコーディネイトしてもらうのがいいです。プロに
任せてしまうってことです。これははっきりいって外れることはないです。


当然、プロに選んでもらうときは、なぜそれを選んだのかは聞いておかないと
いけません。プロの選ぶ服のセンスや考え方を自分のものにするためです。


おしゃれにこだわる女性ほど、ダサい人とは一緒にいたくないと考えています。


異性に好印象をもってもらうだけでなく、ファッションセンスがいいことは
いろいろな面に影響してきます。仕事にも人間関係にもです。


人は見た目が9割だということをキモに命じて頑張りましょう!

2012年02月07日

好感度アップ大作戦:その4 体を鍛えてシルエットを変える。

前回のファッションの話にも関わってきますが、おしゃれでいるためには
選べる服の選択肢が広がらないといけないですし、見栄えをよくするには
体のシルエットが決まってないとダメです。


そもそもスーツというのは長身で足が長い人が似合うものですから日本人
のようなチビで短足は似合わないもんなんです。


以前、テレビで競馬場にいるダサい親父のファッションをモデルがきたら
どうなるか?ということをやってましたが、親父が着るとダサくてもモデル
が着るとかっこいいというのがありました。


つまり、何を着るかではなく誰が着るか?のほうが大事なんです。


そんなことをいわれたら元も子もないといえばないんですが、自分の格好良さ
を100%引き出す努力というのはやったほうがいいです。そのためにできる
ことが体を鍛えてシルエットを変えるということです。


◎ 姿勢を意識する。


姿勢が良い人は好感度がアップします。自信があるように見えますし、
猫背が治るだけでも凛々しく、明るく見えるようになります。


◎ 細マッチョになる。


ガリガリは気持ち悪いですし、デブはもちろん論外です。ゴリマッチョは
欧米では印象がよくても日本ではよくないですから、細マッチョを目指す
ようにします。
まずは体脂肪率で13から15%を目指しましょう。それにくわえて体幹に
あたる大胸筋、腹筋、背筋の3つと太ももを集中的に筋トレにしましょう。
体を大きくする筋トレではなく、引き締める筋トレが細マッチョになる
ポイントになります。


◎ 歩き方を変える


こちらは姿勢を意識するのと近いですが、歩き方も極めればめちゃくちゃ
格好よくみえます。軸を一本頭のてっぺんからお尻まで通すようなイメージ
で上半身をたて、一本のラインのうえを歩くようにして足を薦めていきます。
足の親指のつけねで蹴りだすイメージをもち、腰から先に動き出す感じで
歩くときれいにみえます。


姿勢、細マッチョ、歩き方などは大きなガラスの店の前を通るときや全身が
映る鏡を設置しているエレベーターに乗った際など、チェックする機会は
たくさんあるので是非、今日から意識してみてください。


長年しみついた姿勢や歩き方、たるんだ体を改造するのは一筋縄ではいきません。
大変だと思いますが、普段から意識することで改善することができます。


是非、姿勢、歩き方、肉体改造をして見た目の印象をガラリと変えましょう。

2012年02月12日

好感度アップ大作戦:その5 歯を白くして笑顔を素敵に!

「笑う門には福来る」といいますが、笑顔が素敵な人のまわりには人が
集まってきます。心の琴線に触れるんですね。笑顔は。


なので、接客業や営業マンは表情豊かに笑顔を意識しろといいます。


ある意味で接客業や営業マンは印象がすべてですからその彼らが笑顔を
練習するぐらい大切にするってことは好感度アップに笑顔はかかせない
ということなんです。


それでですね、基本的に笑顔はプラスの評価であることには間違いない
ですけど、異性をひきつけるということであれば、白くきれいな歯と
いうのは不可欠です。


汚い歯の人っていますよね?歯並びガタガタ、差し歯なのかなんなのか
知りませんが色がおかしい、黄ばんでいるなどなど。


笑顔は素敵でも歯がきれいかどうかで異性として意識するかどうかはかなり
影響されると思ったほうがいいです。薄毛を気にしているぐらいなら歯を
きれいにしたほうがいいです。


歯をきれいにするとはどういうことか?ということですが、


◎ 歯並びをよくする。
◎ 色を白くする。


この2つです。歯並びの矯正は非常に費用対効果が高い美容法です。
これは男女とわず汚い人はやってほしいですよね。人生変ります。


価格競争が起こって安くなるということがないのが残念なんですが
100万円で2年というのが相場です。歯の裏側矯正ならもっと早く
できるかもしれませんけど。


歯を白くする方法ですが、歯医者さんにいけば白くしてくれます。
歯医者さんで磨いてもらって白くならないのは歯そのものの色が
変色しているので、これはもうホワイトニングをするしかないです。


ひとつだけ確かなのは歯をきれいにする白くするというのは自分では
なんとかできるものではないということです。


「投資」が必要になるといってもいいと思います。


きれいで白い歯というのは清潔感を印象づけるのにも最適ですから
ぜひ毎日きれいにして、3ヶ月に1度くらいは歯医者さんにいって
磨いてもらうのがいいと思います。


2012年02月17日

好感度アップ大作戦:その6 話をよく聞いてあげる!

これまで投稿してきた5回の好感度アップ作戦は主に外見に関すること
が中心でした。内容を覚えてますか?


私は自分で書いててちょっと忘れましたけど(笑)、清潔感がある
ことが大事だよって話をしました。髪型、服装、その他もろもろ。


そうそうちょっと書き忘れたことですけど、爪をきれいにしておいて
くださいね。


女性は男性の指先をよく見ています。男性が女性の胸を必ずチェック
するように女性は男性の指先をみるんですね。


その理由は18歳未満には教えられないような内容なのでここには書き
ませんが、そのときに爪もみているわけです。


で、この爪が汚い人というのはNGなんですね。油汚れなのか汚い爪
をしているとか、小指だけ伸ばしているとかそういうのはダメです。


爪が汚い。あるいは手入れしてない人は注意してくださいね。


とここまで書いたところでやっと本題です。


女性が重要視するのは外見もそうなんですが、実際会話をしてどうか?
ということもかなりあります。コミュニケーションがしっかりとれるか?
ということは、話が面白いというのもありますが、居心地のよさという
のが一番大事です。


で、その居心地のよさというのが「理解されている感」だったり、自己
重要感を満たしてくれるかどうかということなんです。


人との会話の中で重要なのはいかに相手に気持ちよく話をさせてあげるか?
ということがポイントで、これは話しやすいと感じる相手には、好印象を
いだくからです。


ここで身に付けていきたいのが、相槌に関するテクニックなんです。


相槌というのは、相手が話したことに対する反応のことで、相手に「ちゃん
と話を聞いているよ」と伝えるために非常に大切なポイントなんです。


女性は話を聞いてもらいたがるので、それに対してそっけない返事をして
いると自分は理解されてないとか、自分なんて相手にされてないと寂しく
思ってしまう生き物です。


なので、つまらない話でも前に似たような話を聞いたことがあったとしても、
「そうなんだ、それでどうなったの?」「すごい!がんばったんだね!」と
言ってもらえれば、女性は理解されていると感じ、誉められれば自己重要感
が増して、ますますあなたに好印象を持ってくれるんですね。


女性に対しては本当は口説くテクニックなんていらないわけです。占い師の
ようにきっかけを与えて、あとは女性にしゃべらせればいいんですね。


あとはいかに気持ちよく話をしてもらうかだけを考えて適切な相槌を打てば
いいんです。そして相手の気持ちを考えて、ぴったり相槌を打つ。これが
究極のコミュニケーション術です。


これはなかなかやってみると難しいので、最初のうちは慣れるまで、相手が
言ったことを繰り返すという相槌を打つようにしてみましょう。


例えば、「今日は仕事が忙しくて大変だった」という会話の相槌としては、
「大変だったんだ、大丈夫?」という感じです。ただ単に「大丈夫?」と
いうより、相手を慮り、気遣っているという気持ちが伝わりますよね。


相槌を極めるとコミュニケーション力が飛躍的に向上します。是非今日から
試してみてください。

2012年02月24日

好感度アップ大作戦:その7 年収600万の壁を越える!

婚活というダメな男女がする活動があります。ある意味この人たちは恋愛市場
からあぶれてしまった人たちですから、一癖も二癖もあります。


・容姿があまりに悪すぎる
・性格があざとすぎる
・歳をとりすぎている(女性は35歳以上、男性は50歳以上)
・コミュ力が低すぎる


こんな人達が大半なんじゃないかと思います。


結婚相談所なんかにくると女性=年齢、男性=経済力。これが相手を選ぶ
決定的条件だということが痛感するといいます。


これまで好感度アップ大作戦で触れてきたオシャレになろうとか清潔感
が大事だよとかそんなことはどうでもいいってことなんですね。


(いやもちろん大切なんですけど・・・)


ただ、付き合うと結婚は別ということで、何が別か?というと経済力と
いうのは確かなんです。経済的に苦しい思いはしたくないし、子供にも
満足いく教育をしてあげたいと思ったらやっぱりお金をたくさん運んで
来てくれる男がいいってことです。


いくら年収があればいいか?ってことですが年収600万だそうです。
年齢は若いほうがいいそうです。


ただ、年収600万の独身男性って数%しかいないそうです。だから
この壁さえ乗り越えればモテるってことなんですよ。


20代後半で年収600万といったらもう左団扇で過ごせます。30代
前半でもいい感じなんじゃないでしょうか?


ということで、「年収600万以上」実はこれが最高に好感度アップに
なるということなんです。素晴らしいですね。女性は現実主義です。


今の会社で働いていて年収600万円以上、いきそうならそのままで
いいと思いますが、ダメなら公務員を中心に転職を考えたほうがいいかも
しれません。


年収600万以下でも公務員は特別枠です。逆に年収1000万円でも
自営業とかフリーランスとかそういう人はちょっと嫌がられます。


会社勤めしつつ、副業でもガッチリ稼いであわせて600万というのが
どっちに転んでもいいという意味では一番いいかもしれませんね。

2012年02月27日

女性の勘違い@:若さこそが女性としての最上の価値である

女性の価値とは?と男性に聞くと「若さ」「美貌」と答える人が大半です。
本音でアンケートに答えたらそんな感じになるでしょうね。


だから「若さ」と「美貌」があるうちに相手を見つけておかないとそれが
失われてからは相手を探すのは大変なんです。合コンなんかも30歳をすぎると
まるで呼ばれなくなるっていいますからね。


結婚相談所のデータなんかをみると男性が女性を選ぶときの最重要項目が
相手の年齢だったと思います。20代女性は大人気らしいです。


男性は年収600万以上が人気といいますから年収600万以上=女性の30歳未満
ぐらいの関係が成り立つと思います。


これを知らずして30代を迎えてしまうとまぁ大変です。女性から男性に声を
かけた場合のナンパ成功率は確か7割以上だったかもっとあったと思いますが、
30代となると厳しくなってくるでしょう。


相当の美貌があればまた話は別ですが。


しかし、美人でも30代と聞くと一気にテンションが下がるのが男の本音
です。年上が好きとか30代ぐらいの女性が好きなんていう人は本当に
ごく少数ですからね。


それだけ「若さ」「美貌」の魅力は男性にとって重要だということです。


だから女性のみなさんには本当に時間を大切にしてほしいんですね。美貌は
生まれ持ったものなのでどうしようもないところがありますが、若さという
のは誰にでもあるもの、あるいはあったものです。


なので、「若さ」がピークのうちにできるだけ数多くの男性とお付き合い
して生涯のパートナーを見つけておいてほしいんです。尻軽女とかそんな
外野の声は無視していいです。


「若さ」できれば「美貌」があるうちに嫁ぎ先を決めておいてほしいんです。
子供を将来生みたいと思っている人は本当に肝に銘じてほしいぐらいです。


以前、玉の輿に乗りたい女性にあるお金持ちがアドバイスしていたんですが
僕の資産は今後もどんどん増えていくけど、君の資産(若さ・美貌)は年々
価値が下がっていくから、いまの君だったら愛人にしかなれないよ!みたい
なことをいっていて、なんて正直なお金持ちなんだと男性陣が絶賛していた
書き込みがあったと思います。


まぁそういうことなんです。かつて女性はクリスマスケーキに例えられて
いて、24日(24歳)は予約で一杯、25日(25歳)は半額、26日は(26歳)は
投売りなんていわれていたわけです。


これがある意味、男性からみた女性の姿なんです。

About 2012年02月

2012年02月にブログ「心理系大学院受験対策研究会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年01月です。

次のアーカイブは2012年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。