« 好感度アップ大作戦:その3 服装(ファッション)でキメる | メイン | 好感度アップ大作戦:その5 歯を白くして笑顔を素敵に! »

好感度アップ大作戦:その4 体を鍛えてシルエットを変える。

前回のファッションの話にも関わってきますが、おしゃれでいるためには
選べる服の選択肢が広がらないといけないですし、見栄えをよくするには
体のシルエットが決まってないとダメです。


そもそもスーツというのは長身で足が長い人が似合うものですから日本人
のようなチビで短足は似合わないもんなんです。


以前、テレビで競馬場にいるダサい親父のファッションをモデルがきたら
どうなるか?ということをやってましたが、親父が着るとダサくてもモデル
が着るとかっこいいというのがありました。


つまり、何を着るかではなく誰が着るか?のほうが大事なんです。


そんなことをいわれたら元も子もないといえばないんですが、自分の格好良さ
を100%引き出す努力というのはやったほうがいいです。そのためにできる
ことが体を鍛えてシルエットを変えるということです。


◎ 姿勢を意識する。


姿勢が良い人は好感度がアップします。自信があるように見えますし、
猫背が治るだけでも凛々しく、明るく見えるようになります。


◎ 細マッチョになる。


ガリガリは気持ち悪いですし、デブはもちろん論外です。ゴリマッチョは
欧米では印象がよくても日本ではよくないですから、細マッチョを目指す
ようにします。
まずは体脂肪率で13から15%を目指しましょう。それにくわえて体幹に
あたる大胸筋、腹筋、背筋の3つと太ももを集中的に筋トレにしましょう。
体を大きくする筋トレではなく、引き締める筋トレが細マッチョになる
ポイントになります。


◎ 歩き方を変える


こちらは姿勢を意識するのと近いですが、歩き方も極めればめちゃくちゃ
格好よくみえます。軸を一本頭のてっぺんからお尻まで通すようなイメージ
で上半身をたて、一本のラインのうえを歩くようにして足を薦めていきます。
足の親指のつけねで蹴りだすイメージをもち、腰から先に動き出す感じで
歩くときれいにみえます。


姿勢、細マッチョ、歩き方などは大きなガラスの店の前を通るときや全身が
映る鏡を設置しているエレベーターに乗った際など、チェックする機会は
たくさんあるので是非、今日から意識してみてください。


長年しみついた姿勢や歩き方、たるんだ体を改造するのは一筋縄ではいきません。
大変だと思いますが、普段から意識することで改善することができます。


是非、姿勢、歩き方、肉体改造をして見た目の印象をガラリと変えましょう。

About

2012年02月07日 13:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「好感度アップ大作戦:その3 服装(ファッション)でキメる」です。

次の投稿は「好感度アップ大作戦:その5 歯を白くして笑顔を素敵に!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。