« 好感度アップ大作戦:その6 話をよく聞いてあげる! | メイン | 女性の勘違い@:若さこそが女性としての最上の価値である »

好感度アップ大作戦:その7 年収600万の壁を越える!

婚活というダメな男女がする活動があります。ある意味この人たちは恋愛市場
からあぶれてしまった人たちですから、一癖も二癖もあります。


・容姿があまりに悪すぎる
・性格があざとすぎる
・歳をとりすぎている(女性は35歳以上、男性は50歳以上)
・コミュ力が低すぎる


こんな人達が大半なんじゃないかと思います。


結婚相談所なんかにくると女性=年齢、男性=経済力。これが相手を選ぶ
決定的条件だということが痛感するといいます。


これまで好感度アップ大作戦で触れてきたオシャレになろうとか清潔感
が大事だよとかそんなことはどうでもいいってことなんですね。


(いやもちろん大切なんですけど・・・)


ただ、付き合うと結婚は別ということで、何が別か?というと経済力と
いうのは確かなんです。経済的に苦しい思いはしたくないし、子供にも
満足いく教育をしてあげたいと思ったらやっぱりお金をたくさん運んで
来てくれる男がいいってことです。


いくら年収があればいいか?ってことですが年収600万だそうです。
年齢は若いほうがいいそうです。


ただ、年収600万の独身男性って数%しかいないそうです。だから
この壁さえ乗り越えればモテるってことなんですよ。


20代後半で年収600万といったらもう左団扇で過ごせます。30代
前半でもいい感じなんじゃないでしょうか?


ということで、「年収600万以上」実はこれが最高に好感度アップに
なるということなんです。素晴らしいですね。女性は現実主義です。


今の会社で働いていて年収600万円以上、いきそうならそのままで
いいと思いますが、ダメなら公務員を中心に転職を考えたほうがいいかも
しれません。


年収600万以下でも公務員は特別枠です。逆に年収1000万円でも
自営業とかフリーランスとかそういう人はちょっと嫌がられます。


会社勤めしつつ、副業でもガッチリ稼いであわせて600万というのが
どっちに転んでもいいという意味では一番いいかもしれませんね。

About

2012年02月24日 20:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「好感度アップ大作戦:その6 話をよく聞いてあげる!」です。

次の投稿は「女性の勘違い@:若さこそが女性としての最上の価値である」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。