« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月 アーカイブ

2012年06月02日

個人のフィルターを通して見る世界。

同じ話を聞いてもそこにビジネスチャンスを見出す人もいれば、何も
思いつかない人もいます。ある人にとっては運命の出会いであっても
ある人にとってはありきたりな日常であったりします。


世界が私たちに見せてくれるものはあるがままの姿。


しかし、それを見て聞いて感じて、個人のフィルターを通して解釈する
世界は人の数だけあります。だから今の世界をみて絶望しかみいだせない
人もいるし、希望ばかりだと思う人もいるわけですよね。


心のありようがその人の住む世界を決めるということです。


インドに行っても自分が見つかるわけではなく、世界を旅しても何か
変わるわけじゃないです。ただ、色んな人(=世界)を知るにはいいと
思います。


自分自身を変えるにはまずそうなりたいと思える人を探してその人と
一緒に過ごすということです。あるいはそのグループに入るということ。


お金持ちの友達はやっぱりお金持ちなんですけど、それと同じようなこと
をしましょうということです。まぁできる人はいないんですけど。


「あなたがこの世界に望む変化に、あなた自身がなりなさい。」


ガンジー師匠の言葉です。世界にやさしさが足りないと思ったらあなたが
やさしく人に接しないってことですよね。


慰めて欲しいときはあなたが慰めてあげないってことです。


結論は、愛だよ愛。

2012年06月16日

大地震・洪水・経済破綻を待ち望む終末思想

エホバの人達なんかは終末思想論者といいますよね。


ほかにも宗教の名があるなしにかかわらず終末論を嬉々として語る人も
いますし、心のどこかで待ち望んでいる人も多いと思います。


こう時代が閉塞しているとすべてがぶっ壊れてしまえばいいのと思う人
が増えてしまうのは無理ないですし、それが人の性なのかな?と思います。


希望がない世界というのは非常に生きづらいですからね。


今年は2012年ということでマヤの予言もありますし、そういう希望のない
世界に住む人たちにとっては大地震・洪水・経済破綻を待ち望む気持ちが
強いと思うんです。


終末を迎えるための最後のチャンスだ!みたいな。


まぁ実際に大地震・洪水・経済破綻が起これば、絶対に前の世界のほうが
良かったと思うし、滅びてしまえばいい!と願ってしまってすみませんって
気持ちになると思うんですけどね。


本当に都合がいいです。(笑)


今年の暮れにかけてそういう気運も高まっていくと思うんで、気をつけて
いかないといけません。一番怖いのはパニックに陥った群集ですから。

2012年06月23日

恐怖と怒りが対決したギリシアの選挙

ユーロ離脱の恐怖と緊縮財政への怒りが衝突したギリシアの選挙ですが
ユーロ離脱の恐怖が勝ったみたいです。


まぁしかし、ギリシアの問題は何も解決されていませんから近い将来
やっぱりユーロを離脱することになるでしょう。時間稼ぎをしている
だけでしかないので。


そんなわけでやはり今年の後半から世界は激動しそうです。


経済はもう間違いないですね。ユーロか日本か、アメリカか?どこが
着火点になるかはわかりませんが一気に世界に飛び火して連鎖する
経済破綻が起こってくるはずです。


それから日本のネガティブな人たちが最も気にしているであろう地震。
これは日本にはやってこない気がします。なんの根拠もないんですが
多分日本にはこないです。


ただ、大きな地震・洪水は今年中にあると思いますよ。

About 2012年06月

2012年06月にブログ「心理系大学院受験対策研究会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年05月です。

次のアーカイブは2012年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。