« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月 アーカイブ

2012年08月04日

マスコミの世論誘導やミスリードについて

さて、今回もマスコミが五輪で選手の足をひっぱり、事実を歪んだ形で
伝えているようですね。もう、新聞やニュース等は信じないほうがいい
でしょう。


特にひどいのはスポーツ新聞の類。


完全な妄想で記事を書いていることも多いですし、印象を悪くするような
操作が入っていることもあります。選手に直接接することができない以上
は一般人はそういうマスコミ情報でしか選手やチームについて知る術が
ないわけですが、それが歪められていてはどうしようもないですよね。


サッカーの中田選手は確かそんな感じで、自分の意図とはまるで違う形で
記事を書かれてしまい、誹謗中傷されてマスコミ嫌いになったそうです。


ありもしないこと、まったく意図とは違うことを書かれればそりゃー怒り
ますよね。最近はフィギュアスケートの安藤さんも日本のマスコミについて
文句いってましたよね。


自分発のメディア(ブログ・ツイッター)が今はありますし、マスコミを
通すよりは自分の声で直接ファンに伝える選手は増えるでしょう。

2012年08月15日

極東における紛争の火種が撒かれた!

終戦記念日を迎えて極東における紛争の火種がばら撒かれてますよね。


韓国とは竹島を巡り争い、中国とは尖閣諸島をめぐり争っています。


これら周辺諸国の外部からの挑発や圧力に対して日本側はこれといって
対抗しないので、右寄りの思想を持つ人からかなり非難されています。


この反韓・反中という主に強硬派の動きはこれからかなり注目されていく
はずで、そしてそれが報道されるに従い、一般の人達にも韓国や中国に
対する怒りや恨みという感情がでてくるはずです。


そうして一般市民の心まで荒廃し、怒り・不安・恐怖に包まれたときが、
国が戦争に突き進む前兆ってことです。恐れや恐怖を煽れば人は簡単に
コントロールできますから。


間違いなくこれから日本は苦境に立たされるはずです。


前門の虎、後門の狼といった状況をどう切り抜けるか政府の手腕による
ところなんですが、あまり期待できそうもありません。


我々は常に心の平穏を保つようにすることを意識しておかないと流されて
しまうので注意しておかないとダメですよ。


2012年08月22日

教育という名の洗脳

連日、竹島そして尖閣諸島をめぐっての韓国と中国のニュースをみます。


反日デモ等をみてメラメラと怨恨の炎を燃やしている人もいるかと思う
んですが、暴力的に過激になってはいけません。日本は粛々と対応して
いけばいいと思います。


やるべきことは今一度、領土問題について勉強してみることでしょう。


ほとんどの人はなぜ竹島・尖閣諸島が日本の領土だといえるのかとか
韓国や中国の言い分などわからないでしょう。まぁ韓国や中国も正しく
事の成り行きを知っているかはわからないんですが。


私も図書館にいって韓国の歴史の教科書というものを予約してきました。
前々から韓国の歴史教育はどのような教科書を使って行なわれているか
知りたかったのでちょうどいいと思い、勉強することにします。


すでに読んだ人の感想なんかをみると、ファンタジーらしいです。(笑)


いやはや楽しみです。中国の歴史教科書なんかも読んでみたいですね。

About 2012年08月

2012年08月にブログ「心理系大学院受験対策研究会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年07月です。

次のアーカイブは2012年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。