« 極東における紛争の火種が撒かれた! | メイン | 日中韓で戦争は起こるんだろうか? »

教育という名の洗脳

連日、竹島そして尖閣諸島をめぐっての韓国と中国のニュースをみます。


反日デモ等をみてメラメラと怨恨の炎を燃やしている人もいるかと思う
んですが、暴力的に過激になってはいけません。日本は粛々と対応して
いけばいいと思います。


やるべきことは今一度、領土問題について勉強してみることでしょう。


ほとんどの人はなぜ竹島・尖閣諸島が日本の領土だといえるのかとか
韓国や中国の言い分などわからないでしょう。まぁ韓国や中国も正しく
事の成り行きを知っているかはわからないんですが。


私も図書館にいって韓国の歴史の教科書というものを予約してきました。
前々から韓国の歴史教育はどのような教科書を使って行なわれているか
知りたかったのでちょうどいいと思い、勉強することにします。


すでに読んだ人の感想なんかをみると、ファンタジーらしいです。(笑)


いやはや楽しみです。中国の歴史教科書なんかも読んでみたいですね。

About

2012年08月22日 18:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「極東における紛争の火種が撒かれた!」です。

次の投稿は「日中韓で戦争は起こるんだろうか?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。